備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


artist:fujiharakei

作家一覧へ戻る

藤原啓


  • 備前焼で二人目の人間国宝
  • 農業藤原伊三郎、世為の三男として生まれる
  • 40歳からの陶芸家へ転身した
 
姓名 藤原啓(ふじわら けい)
出生 備前市穂浪 1899/2/28 - 1983/11/12
肩書 重要無形文化財保持者 
関係 三村梅景、金重陶陽北大路魯山人
所蔵 備前焼ミュージアムFAN美術館
所属 岡山県備前焼陶友会 日本工芸会

評価

少年期から俳句や小説の才能を発揮しており、1915年に博文館が手がける『文学世界』に応募した短編が1等を獲得する。 これを機に1919年に上京し博文館編集部に勤務、『文学世界』の編集を担当する。 同郷の正宗白鳥、徳富蘆花の影響を強く受け詩の執筆も始める。 そのかたわら早稲田大学英文科の聴講生となり、ロシア・ドイツ文学やシェイクスピアを学ぶが1年あまりで中退。 その後は川端洋画研究所に通い、3年間デッサンを学んでいる。 1922年、詩集『夕の哀しみ』を出版。1928年には『ハイネの訳詩集』(生田春月との共著)を新潮社より出版。 博文館の『婦人之国』の編集などにも携わった。1930年、博文館を辞め作家として独立するが、 自己の文学に限界を感じ強度の精神衰弱に陥る。

1937年、文学を断念し帰郷。 翌1938年、近隣に住む正宗白鳥の弟で万葉学者の敦夫の勧めで、三村梅景に師事し備前陶芸の道を歩み始める。 当時40歳という遅いスタートであるが、1948年に国認定の技術保存資格者(丸技)の資格(備前焼では他に金重陶陽、山本陶秀のみ)を受けたのを機に作陶への生涯を決意する。 金重陶陽や北大路魯山人らからも指導を受け、技術向上に邁進した。 特に金重陶陽が先駆となった古備前復興の継承に尽力。 桃山古備前の技法を基礎にしながらも、窯の中での自然の変容を生かした近代的な造形が特徴である。 師である金重とは対照的で素朴で大らかな作品が、古くから受け継がれた備前焼の新たな展開を示し、後進へ大きな影響を与えた。

1954年、魯山人の斡旋で日本橋高島屋にて個展を開く。 同年、岡山県指定無形文化財「備前焼」保持者に認定。 1958年には日本工芸理事に就任。 1962年プラハ国際陶芸賞を受賞した。

1970年4月25日、重要無形文化財「備前焼」保持者に認定。 1972年、勲四等旭日章を受章。 1976年には備前市名誉市民となる。同年備前市には財団法人藤原啓記念館が設立されており、藤原啓自身の作品や数々の古備前を展示している。

1983年、肝臓ガンのため岡山大学付属病院にて逝去。同日、勲三等瑞宝章を受章した。

作品

言葉

「いのちがけで社会主義運動に走ったこともあった。無一文になって、寒い冬の日、夜空の星を眺めながら泣いたこともあった。下手な小説や詩を書き、帝劇でその他大勢の一人として舞台に立った時もあった」

「あの柔らかで弾力のある備前の土の感触に安らぎを覚え、創作意欲をかきたてられ、苦しかったそれまでの私の人生がどこかへ去ってしまったような、そんな嬉しい希望に満ちた時であるように思えた」(陶芸家として再出発を決めた41歳の時)

「生涯、陶芸家は焼物だけわかっていてもだめ。絵画も彫刻も音楽もわからなければ真の芸術家にはなれない」

「わしゃ、カセ胡麻が好きだ。窯変のごてごてしたのより、赤くぬけた『赤窯変』などは使っていて楽しい」

著書

藤原啓の世界

  • 中村昭夫撮影「備前・藤原啓」研光社 1969
  • 1973 「藤原啓備前作品集」講談社
  • 朝日新聞社から「藤原啓自選作品集」を出版 1981
  • 1982 日本経済新聞文化欄に「私の履歴書」を連載。

外部リンク

artist/fujiharakei.txt · 最終更新: 2018/10/28 11:46 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.