備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


artist:fujiharakei:works

作家へ戻る

藤原啓 陶歴

公募展

1949 岡山県文化連盟賞受賞
1956 第3回 日本伝統工芸展に「備前平水指」出品 
1957 第4回 日本伝統工芸展に「備前焼壼」出品 
1958 第5回 日本伝統工芸展に「備前平鉢」出品
1962 プラハ国際陶芸展金賞受賞
第9回 日本伝統工芸展に「備前平水指」出品
1963 山陽新聞賞受賞
岡山県文化賞受賞
プラハ受賞作品「備前壼」がローマ日本文化館に納まる
中国文化賞受賞
1964 東京国立近代美術館、朝日新聞社共催「現代国際陶芸展」に「備前壼」を招待出品
第11回 日本伝統工芸展に「備前水盤」を出品
1965 第12回 日本伝統工芸展に「備前大皿」を出品
中国文化賞受賞
1969 新宮殿に「擂座壼」一対を納める
第16回 日本伝統工芸展に「備前擂座壼」を出品
1970 第17回 日本伝統工芸展に「備前平水指」を出品
1971 勲四等旭日章受賞
毎日新聞社主催「第一回日本陶芸展」に「備前壼」を招待出品
第十八回日本伝統工芸展に「前徳利形壼」を出品
1973 「第二回日本陶芸展」に「備前大徳利」を招待出品
岡山県から三木記念賞受賞
第二十回日本伝統工芸展の鑑査員となり「備前水指」を出品
1974 第二十一回日本伝統工芸展に「備前花入」を出品
1975 迎賓館に「備前水指」「備前花入」を納める
第二十二回日本伝統工芸展の鑑査員となり「備前徳利」を出品
1976 備前市から初の名誉市民に
1980 岡山県郷土文化財団に自作三十点を贈呈
藤原啓記念館会館三周年を記念して小庭園に歌碑を建立
1981 高畑浅次郎、土光敏夫とともに岡山県で初めての名誉県民に選ばれる
1983 勲三等瑞宝章受賞

* 日本工芸会 藤原啓 受賞作品

展覧会

1942 備前焼研究家桂又三郎の斡旋により、岡山市の禁酒会館で第一回個展開催
1953 東京日本橋の壼中居で個展 
1954 北大路魯山人の斡旋により、東京日本橋の高島屋で個展  
1955 東京日本橋の三越で個展
岡山天満屋でもこの年から隔年ごとに個展
1968 東京日本橋の三越で古希記念展
1969 岡山県の天満屋で「藤原啓回顧展」を開催
1968 東京日本橋の三越で古希記念展
1969 岡山県の天満屋で「藤原啓回顧展」を開催
1973 岡山高島屋で「平櫛田中・藤原啓二人展」を開催
1974 岡山天満屋で「藤原啓喜寿記念展」を開催
1976 岡山天満屋の葦川会館で「古備前と藤原啓・雄父子陶芸展」開催
この展覧会が仏、スイス、ベルギー三カ国を巡回する
東京日本橋の高島屋で朝日新聞主催により喜寿記念「藤原啓自選展」開催
岡山の山陽新聞画廊で「唐津茶碗―荒川豊蔵・小山冨士夫・藤原啓合作展」開催
1977 東京高島屋で朝日新聞社主催により「ヨーロッパ巡回帰国記念藤原啓・雄展」開催
岡山天満屋で山陽新聞社主催により同展開催
自宅敷地内に財団法人「藤原啓記念館」完成。作品を寄贈し、一般に展示公開
1978 岡山高島屋で「藤原啓一門展」を長男雄、次男恭助、弟子たちと開催
旧宅跡に備前の有志により、藤原啓記念碑が建立、藤原啓記念小庭園
1979 傘寿記念展を岡山天満屋、姫路山陽、東京高島屋で開催
1981 東京高島屋、大阪高島屋、姫路山陽、広島天満屋で朝日新聞社主催により「藤原啓のすべて展」開催 
1982 岡山天満屋で山陽新聞社主催「藤原啓の世界展」を開催 
記念館で、開催五周年記念「藤原啓の交友展」を開催 
1985 三回忌を記念し、東京高島屋、大阪高島屋、姫路山陽で朝日新聞社主催により「藤原啓の世界展」開催 
1993 没後十年を記念し、中国新聞社・山陽新聞社の共同主催により広島・岡山の天満屋で「藤原啓の作品と生涯」と題し記念展を開催
1999 生誕百年を記念して、朝日新聞社主催による「備前藤原啓-炎の詩」展を、東京・大阪各高島屋にて開催
中国新聞社・山陽新聞社共同主催で同展を広島・岡山の天満屋にて開催

1982

藤原啓記念賞を設立、昭和五十九年から優れた制作活動を示した陶芸家一人に隔年で贈ることになる。 第一回受賞者は、走泥社同人の鈴木治。

artist/fujiharakei/works.txt · 最終更新: 2018/10/28 11:46 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.