備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


artist:fujiharaken

作家へ戻る

藤原建

(読み:ふじはら けん)

  • 本名:藤原 健
  • 剛放で緻密、窯変・緋襷に秀作が多い
  • 黒住教大教殿の千木、鰹木、岡山国際ホテルロビー、森下美術館の壁面タイルの大作を手がける
  • 勲五等瑞宝章受章
 
出生 備前市穂浪 1924-1977
出身     
肩書 岡山県重要無形文化財
関係 藤原啓 金重陶陽 北大路魯山人 

言葉

作品は作るものではなく、生むものだ

陶歴

1924年 岡山県和気郡に生まれる。本名健。備前焼人間国宝藤原啓の甥にあたる。

1946年 復員後陶芸を志す。叔父、藤原啓のもとで陶芸を始める。

金重陶陽宅をたずね、以後、啓、陶陽に師事。

1952年 京都で金重素山に京焼を学ぶ。

1954年 北大路魯山人の下で修業。鎌倉の北大路魯山人の備前焼窯焚きの応援に行く。

1955年 築窯。

1957年 岡山にて初個展開催。

1958年 日本伝統工芸展に初入選、以来連続入選。

1962年 日本陶磁協会賞を受賞、同年デンマーク日本工芸展に出品。

1964年 日本工芸会正会員となる。

1965年 一水会正会員となる。

1967年 陶歴20年を記念して「藤原建作陶展」(東京日本橋高島屋)を開催。

1969年 第1回金重陶陽賞受賞。

1970年 大窯を築窯 大窯初窯展開催(岡山、東京、大阪)。

1973年 岡山県重要無形文化財の指定を受ける。

1977年 心不全のため備前市の自宅で死去した。享年53。

artist/fujiharaken.txt · 最終更新: 2018/10/28 13:51 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.