備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


artist:kakurezakiryuichi

作家へ戻る

隠崎隆一


  • 1973年、大阪芸術大学デザイン科を卒業後、大阪のデザイン会社でファッション関係の仕事に従事する。
  • 大学に入ってから焼き物に興味を覚え、在学中全国の陶地を回る。
  • 1977年知人の紹介で岩本修一に弟子入り、一年余り土づくり、窯焚きなどを習う。
  • 伊勢﨑淳氏に7年半師事した後、1985年瀬戸内市長船町磯上に窯を築いて独立
 
姓名 隠崎隆一(かくれざき りゅういち)
出生 長崎県福江市 1950/8/3
出身 大阪芸術大学デザイン科 
肩書 日本工芸会正会員
関係 伊勢﨑淳 岩本修一 
所属 岡山県備前焼陶友会 日本工芸会
   備前育陶会会員  

作品

陶歴

1986 第48回一水会陶芸展一水会賞受賞 ’90年同賞受賞
1987 第4回田部美術館「茶の湯の造形」展 優秀賞受賞 ’93年同賞受賞
1988 第5回田部美術館大賞 現代茶の湯の造形展 大賞受賞 ’92年同賞受賞
1990 日本工芸会正会員 国際花と緑の博覧会政府苑出品
1991 若き旗手達-陶芸展出品(伊丹市立工芸センター) 日本放送協会(NHK)工訪探訪「作る」
1992 山陽・山陰路の現代陶芸展Ⅱ出品(東広島美術館) 日本の陶芸「今」100選展出品 NHK主催フランス(パリ)日本各地
1993 草月会「花の器」展・奨励賞受賞 「陶」隠崎隆一・出版(京都書院)
1994 若き旗手達-陶芸展Ⅱ出品(伊丹市立工芸センター)
1995 陶芸の現在-発信する器展出品(東京/日本橋高島屋、京都/高島屋)
シンポジウム「今日のうつわを考える用と美の対立を超えて」(滋賀県立陶芸の森)
第8回MOD岡田茂吉賞優秀賞受賞 同美術館にて記念展
1996 山陽・山陰路の現代陶芸展Ⅲ出品(東広島美術館)
平成7年度 日本陶磁協会賞受賞
国際文化協会「現代日本陶磁の秀作-アジア巡回展」出品(中国、タイ、マレーシア)
陶壁製作(金沢 保健施設「ピカソ」)
1997 「備前焼・千年の伝統美展」(フランス国立陶磁器美術館)
第48回岡山県美術展覧会
山陽新聞社大賞受賞 招待作家となる
国際文化協会「現代日本陶磁の秀作-アジア巡回展」帰国展
1998 隠崎隆一の仕事展(伊丹工芸センター)
1999 The 1999 International Woodfire Conference 招待参加(アイオワ)
滋賀県立陶芸の森 創作研修館講師(信楽)
NHK衛星放送「やきもの探訪展’99」(東京/日本橋高島屋)
2000 茶の湯-現代の造形展招待出品(フィンランド/ヘルシンキ美術館)
山陽・山陰路の現代陶芸展Ⅳ出品(東広島美術館)
2002 International Asia-Pacific Contemporary Ceramics Inbitatonal Exhibition(台北県立陶磁博物館)
現代陶芸100年展招待出品(岐阜県現代陶芸美術館)
2003 現代陶芸の華(茨城陶芸美術館)
Japanese Ceramics Today,Part Ⅰ 出品(東京/菊地寛美記念・智美術館)
現代日本の陶芸・受容と発信(東京都庭園美術館)
2004 山陽・山陰路の現代陶芸展Ⅴ(東広島市立美術館)
備前焼の魅力-伝統と創造-(茨城陶芸美術館)
2005 Contemporary Clay 展出品
Boston 美術館(アメリカ)
2006 Contemporary Clay 展出品
Japan Society(ニューヨーク)

展覧会

外部リンク

artist/kakurezakiryuichi.txt · 最終更新: 2018/10/28 17:36 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.