備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


artist:matsudakazan3

作家へ戻る

松田華山(三代目)

(読み:まつだ かざん)


歌人と交友し、自らの歌を作品に刻んだ

  • 祖父の久本葛尾、花山について陶技を磨き、朱泥とタンポに泥土をつけ器体に軽く打ちつけて石肌のようにした石目の手法を教わる
  • 焚口が三方にあるドーナツ型の二重窯「ドイツ式マッフル窯」で朱泥や緋襷を研究
  • 煎茶器に名品が多く、優れた歌人でもあった
  • 与謝野鉄幹・晶子夫妻、正宗白鳥、若山牧水、北原白秋、西条八十ら有名歌人と交友
  • 自作の歌を刻んだ茶碗、皿、徳利をよく作った
 
姓名 松田華山(まつだ かざん)
本名 松田竹志 
出生   1902-1948
関係 久本葛尾 

著書

artist/matsudakazan3.txt · 最終更新: 2018/10/28 13:30 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.