備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


artist:nakamurarokurou

作家へ戻る

中村六郎


  • 1961年に六郎窯を築いて独立
  • 勲七等青色桐葉章受章
 
姓名 中村六郎(なかむら ろくろう)
出生 備前市伊部 1914 - 2004
出身 旧制閑谷中学校中退 
肩書 伝統工芸士 
関係 金重陶陽

言葉

「十年間下働きに耐え薪割りは小指が曲がる程した。備前焼は売れない時代、みんな女房泣かせじゃった」

陶歴

1961年、日本現代陶芸展入選、岡山県美術展入選

1961年〜1963年、日本伝統工芸中国支部展三回連続受賞

1964年  岡山県美術美術展入選

1965年〜1972年、日本伝統工芸中国支部展入選

1972年  第三文明展入選

1986年  岡山日日新聞賞受賞

1989年  勲七等青色桐葉章受章

エピソード

  • 歌人杉鮫太郎「六郎は、名匠金重陶陽の膝下でじかに薫陶を受けた。人柄も素朴で、仙骨をおび胡耶山麓に窯を築き、その人柄の醸し出す風韻ある作品を焼く。酒を愛すること師匠をしのぎ、酒器類は無類の味を考案する。」
artist/nakamurarokurou.txt · 最終更新: 2018/10/28 18:52 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.