備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


artist:nishimurashunko

作家へ戻る

西村春湖

(読み:にしむら しゅんこ)


入神技と評され、彫塑的な感覚で手がけた香炉の名作

  • 本名:西村 安次郎(京都の武家出身)
  • 芸術保存資格保持者
  • 明治42年に伊部の二ツ塚に窯を築いた
  • 大正初期、京城で二年間漢陽高麗焼を指導
  • 彫塑的な感覚と手法を加えたヘラ技術は入神技と評価された
  • 蜃気楼香炉、多宝塔香炉、宝船香合、鹿寿老人が有名
  • 昭和4年、当時の岡山県知事香坂昌康が春湖の庵を御泥庵と名付けた
 
出生 京都 1886-1953
出身   
肩書 芸術保存資格保持者 
関係 青山春光 諏訪蘇山 
所蔵  
artist/nishimurashunko.txt · 最終更新: 2018/10/28 13:31 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.