備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


bizenyaki:mystery

備前焼へ戻る

備前焼の七不思議

投げても割れぬ、備前すり鉢

備前焼は、釉薬をかけず、裸のまま、約2週間前後1200度以上の高温で焼き締めるため、強度が他の焼き物に比べると高いレベルにあります。それがゆえに、昔から「投げても割れぬ・・・」と言われるようになりました。

冷たいビール、温かいお茶

備前焼は内部が緻密な組織をしているために比熱が大きくなります。そのため保温力が強く、熱しにくく冷めにくくなります。

きめ細かな泡で、うまいビール

備前焼には微細な凹凸があり発砲能力が高いことから、泡はきめ細かく泡の寿命が長いことから香りを逃がさないのでより美味しく飲むことができます。

長時間おくと、うまい酒に

備前焼の内部に微細な気孔があるため、若干の微細な通気性が生じます。 これにより、酒、ウィスキー、ワインの香りが高くまろやかで、こくのある味に変身を促します。

うまい料理が食せる

備前焼は、他の焼き物に比べ表面の小さい凹凸が多いため、食物が皿肌に密着しないので取りやすく、又水分の蒸発力が弱いので乾燥を防ぎます。

花瓶の花が長もち

備前焼には微細な気孔と若干の通気性があるため、長時間生きた水の状態が保たれ花が長もちします。

使うことで、落ち着いた肌ざわり

備前焼の表面の微細な凹凸が、より使い込むことにより角が段々と取れ、使えば使うほど落ちついた味わいを増します。

bizenyaki/mystery.txt · 最終更新: 2018/09/30 11:30 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.