備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


chronology

備前焼へ戻る

備前焼年表(江戸以前)


西暦 主なできごと
871 備前国より須恵器を献上。
1117 窯の移行期。永久5年銘花瓶。
1193 備前国が東大寺領となり、万富(旧瀬戸町)で東大寺の瓦を焼いた。
1299 熊山窯時代となる。一遍聖人絵伝に備前福岡(長船町)で備前焼の壷らしいものを売っているのが見える。
1324 伊部村…の文字初見(吉備温故)。
1363 浦伊部窯時代
1371 「さてかがつという里は家ごとに玉だれのこがめという物を作るところなり」=道ゆきぶり=とある。
1480 備前国伊部村小幡山長法寺谷之坊教舜之也文明12年卯月24日一の年銘四つ耳壷。
1512 山ろく窯時代
1549 備前水差建水が初めて茶会記に出ている。以後備前焼が有名茶会に用いられた記録が多くなる。
1582 秀吉は中国遠征の途中の軍勢が窯場へ出入りすることを禁じ、違反者は処罰する…との備前焼保護の制札を立てた。
1587 大窯時代初期。秀吉が北野の森で大茶会を開き備前焼を使う。
1598 秀吉の遺体を備前二石入甕に納めて葬る。
chronology.txt · 最終更新: 2018/08/13 18:15 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.