備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


chronology:meiji

備前焼へ戻る

備前焼年表(明治時代)


西暦 主なできごと
1871 外国博に古伊部一点、白備前三点を出品。
1873 北大窯廃止、明治窯開窯、明治7~8年天保窯三つのうち榧原山ろくの二つをこわす。伊部東、西を合併
1877 陶器改選所発足。
1880 伊部陶器会社設立。
1881 第二回勧業博に備前焼出品。
1885 伊部商会設立、土管の製造始める。
1888 伊部陶器会社創立、土管製造。森琳三が初めて個人窯を築いた。
1895 伊部土管会社設立。
1896 備前陶器会社設立。
1909 伊部土管合資会社設立。
1910 西村春湖の作品を天皇陛下に献上。
1911 備前製陶会社設立。
1912 備前焼合資会社設立。
1916 伏香炉用床置を天皇、皇后両陛下、皇太子殿下に献上。
1926 天皇陛下、牧野東宮侍従を伊部へご差遣。金重陶陽作の置物献上。
1927 備前焼品評会開く。
1928 藤原楽山、御大典の瓶子献上。
1930 西村春湖、吉備七福神を天皇陛下に献上。
1934 高松宮殿下、同妃殿下伊部ご来遊。皇太子殿下に伊勢崎陽山作鍾馗置物献上。
1935 明治窯廃窯。
1940 直島沖海底より多数の古備前が引揚げられた。
chronology/meiji.txt · 最終更新: 2018/09/13 18:25 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.