備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


critic:usuiyosuke

評論家へ戻る

臼井洋輔


  • 岡山県立博物館学芸員、岡山県教育委員会文化課課長代理、岡山県立博物館副館長を経て2013年まで吉備国際大学文化財学部教授。
  • この間同大学総合文化財センター長、同大学中央図書館長、岡山大学、福山大学、岡山県立大学、倉敷芸術科学大学等の非常勤講師を歴任。日本考古学協会会員、日本甲冑武具研究保存会岡山県支部長。
姓名 臼井洋輔(うすいようすけ)
出生 玉野市下山坂 1942
出身 岡山大学大学院文学博士課程 
肩書 備前焼ミュージアム館長 
関係

言葉

「それにしても備前焼というのは、人間の本性や温か味、大地に根ざした健康的優しさ、潔さ良さ、そのような諸々の本質が、焼かれても、また時代に叩かれて何時までも消されないで、したたかに残ってきた底力のある不思議な焼物ではありませんか」

「それがまた時代と勢いの関係であり、モノは良くも悪くも時代を正直に映す鏡であるという事でもあります。モノを見るとは、モノが時代的変化を衣装としてまとっていて、その姿を捉えるということでもあることを忘れてはなりません」

「千利休、古田織部などの茶人はその時、それまでまかり通ってきた美に対してのアンチテーゼと自分の美意識の理論構築の実証手段に備前焼を、粗野ではあるが不思議な力を持っているものとして取り上げたのです。それは矛盾の中から新しいものを生もうとする考えと、見通しを持てることからくる考え方の余裕と自由な感覚のさらなる拡大ではなかったでしょうか。それは完璧な中国陶磁器至上主義にとらわれていたものからの解放でもありました」

「ともあれ、そういう新しい時代を担う識者の心情と一番共鳴しやすい美を備えた焼物が備前焼だったわけです。つまりモノからすれば、備前焼は利休たちの進める、日本における時代の転換期の美意識の改革推進の旗手なったともいえるのです。このことは岡山県人にはあまり理解されていません。日本の美術史の中で備前焼は意外なほど大きな役割を果たしたことになりますし、焼物自身もそれをはっきり感じていたようです。

 ですから、その時代の備前焼というのは驚くほど美しい。現在のように誇張したり、あるいは手を加えたりすることを必要とせず、偶然の美しさをあるがままにフルに引き出しているわけです。放っておいても力を放っているではありませんか。桃山備前は万人の心をとらえて離さない新しく生まれ行く文化へのときめきのようなものを備えていました。    桃山時代がさらに時間的経過を重ねていくと、やがてその備前焼は単なる素朴さや個人的好みを離れて、素朴さを美的作為である芸術にまで、見つめられることによって、昇華させていきました。決して、現代を含めてその時代以外の者が真似をしても、真似のできるものではありません。それが時代の「勢い」であり、「精華」であり、洗練され切った「瀟洒」であります。後の時代の誰も乗り越えられない、ほれぼれする美しさを持っています。つまり現代の作家が桃山備前以上のものを作れないのは、社会全般の時代を受け止める感覚や美意識において、当時に比べて乗り越えていない部分が大きいからではないでしょうか。私は謙虚に、当時の庶民や作る人、時代を動かす人達の美意識や審美眼を私たちの時代の人間が超えているとは思えないのです。」

書籍

論文

  • 「甲冑における鉄小札の配列についての一考察」
  • 「水の子岩海底出土棒状石材についての一考察」
  • 「源平時代の武器武具の時代的特徴」
  • 「備前焼三石入大甕の時代的特徴」
  • 「岡山県の古代製鉄と刀剣」
  • 「原始古代のゴンドラ型カヌーの源流に関する一考察」
  • 「赤韋威大鎧の研究」
  • 「ハヌノヲ・マンヤン族の鍛刀技法」
  • 「備前刀と風土」
  • 「鹿田庄の故地についての一考察」
  • 「古代製鉄炉に関する一考察」
  • 「日本と黒潮流域のゴンドラ型カヌーに関する文化地理学的考察」
  • 「漂流人口書」
  • 「岡山県指定重要文化財妙覚寺世界図屏風の研究」
  • 「岡山県指定重要文化財餘慶寺梵鐘に関する一考察」
  • 「ランユー島の変貌」
  • 「特殊器台の透かし文様とその起源に関する研究」
  • 「インカ、マヤ、アステカの知られざる技術」
  • 「一遍上人聖絵(福岡の市)解析」
  • 「施帯文石(亀石)展開図作成と考察」
  • 「和気安養寺所蔵 岡山県指定重要文化財・陣太鼓の基本的・時代的特徴と文様復元」
  • 「女木島(鬼ヶ島)洞窟の石切技法と年代考察」

等百編以上。

critic/usuiyosuke.txt · 最終更新: 2018/10/28 12:53 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.