備前焼事典

備前焼を体系的に評価・記録する唯一のサイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


Action disabled: source
judgment

備前焼陶友会へ戻る

古備前鑑定会

江戸時代末期までの備前焼についての鑑定

要綱

運営

  • 備前焼陶友会古備前鑑定委員会

実施

  • 鑑定日:毎月7日(曜日にかかわらず)
  • 受付:12:00~13:30 (時間外受付は行いません
  • 鑑定:13:30~15:30
  • 結果報告・作品返却:15:30~
  • 会場:  備前焼伝統産業会館 1階

料金

  • 作品受付料1点につき   2,000円
  • 鑑定書1通につき     10,000円
  • 箱書1個につき       15,000円
  • 鑑定書・箱書の両方    20,000円

受付から鑑定書発行までの流れ

  1. お客様ご持参による作品について12時から13時30分まで受け付けます。(電話等、予約による受け付けはいたしません。)その時点での受付番号が順番となります。所定の用紙に住所、氏名、電話番号をご記入の上、作品を鑑定会場までお持ちください。
  2. 鑑定作品の1人当たりの受付件数は10点以内とします。
  3. 鑑定終了後15時30分から受付順に鑑定結果をお伝えしますので作品をお持ち帰りください。
  4. 鑑定結果により、鑑定書発行及び箱書をご希望の方は受付で料金をお納めください。箱書希望の方は箱蓋をお預けください。
  5. 鑑定書・箱書は簡易書留等の取扱により、委員会の送料負担で後日お送りいたします。

備考

  1. 鑑定は、備前焼陶友会古備前鑑定委員会の合議で行います。
  2. 鑑定依頼作品の評価額については、お答えできません。
  3. 鑑定は、過去の当委員会以外の鑑定結果と必ずしも一致するものではありません。
  4. 鑑定中、鑑定会場へは案内されるまで入室できません。
  5. 鑑定依頼作品並びに鑑定書、箱蓋送付の際の汚損、破損、損傷等についての責任は負いません。
  6. 当鑑定において過去に鑑定した作品については、鑑定の有無を開示することがあります。
  7. 鑑定結果に対するお問い合せ、苦情は一切受けません。

引用 備前焼陶友会

judgment.txt · 最終更新: 2018/10/03 12:11 by takeda

ページ用ツール

© 2018 BIEN Co., Ltd. All Rights Reserved.